東大阪の出会い掲示板の後継者が不足している

16世紀のエリザベス1世は未婚で、東大阪の出会い掲示朝の最後の王になりました。そこで彼女は、父親(ヘンリー8世)のいとこの娘(メアリー・スチュアート)の子供を王に指名しました。

メアリーの祖母はエリザベス1世の父ヘンリー8世の姉妹であり、スコットランドの王と結婚し、彼女の父はスコットランドの王でした。

東大阪の出会い掲示
メアリーはまた、父親の突然の死により6歳でスコットランドの女王になりましたが、その後、彼女は奇妙な運命をたどり、エリザベス1世によって処刑されました。
エリザベス1世とメアリーは細い血統で結ばれているので、エリザベス1世は自分を暗出会いようとした嫌いなメアリーの子供ですが、ジェームズ1世とスチュアート朝が始まったときに彼女は戴冠しました。

ヨーロッパの王室は、王女が貴賤結婚(庶民との結婚)をすることを許可せず、可能な限り他の国の王室と結婚しようとします。これは、後継者が不足している場合、王族の間に生まれた子供が重要な代替候補になるためです。これは貴賤結婚には当てはまりません。人々は納得していません。
東大阪の出会い掲示1世の戴冠式にも成功しました。
日本の天皇は男性の後継者です。そして明治天皇までは側室があり、子供は皇帝になることができました。
明治天皇も大正天皇も側室の子供、つまり普通の子供です。むしろ、皇后の息子が皇帝になることはめったにありませんでした。

しかし、東大阪の出会い掲示のように、現在の天皇制は一夫一婦制の継承です。女王を認めるイギリス王室でさえ、前述のように後継者がなく、チューダー朝からスチュアート朝に変わった。開ける。
したがって、後継者に困っている日本が天皇制を維持したいのであれば、女性と女性の天皇を認めざるを得ない。男女共同参画の時代に即座に対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です