出会いの見方は大阪ではそれぞれ違うと思います

切断する出会いがあるのだろうか…切断する勇気がない…弱っている…未来がない…なぜ私は尋ねるのか…何も起こらない…私仕方がない…希望が持てない……線が引かれているのは分かってる…でも心を離れるつもりはない…痛い…私去りたい…痛い…
愛の見方は人それぞれ違うと思います。

社会的コミュニティとしての愛、男性または女性としての愛。

人生を出会いと考えると、友達とは違った愛情かもしれません。

このあたりの話は女性にとってはるかに詳細で、仏への説教のように感じます…

私は本能的な愛の見方をしています。

社会的には不快に聞こえる何かがあり、それがそのように認識された場合、それは仕方がありません。

しかし、さまざまな本能があります。

私は家事が好きですが、それは私の本能から来ているように感じます、そして私の仕事もそうです。

鳥が出会いの営巣、掃除、拾い上げについてどのように感じているか理解できます。

ロマンスを除いて、本能に素直に従えばうまくいくかもしれませんが、なぜかロマンスは難しいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です