言葉に敏感になる大阪の出会い

 

私の手の名前はマナナマンで、「マナ」と呼ばれることもあります。

久しぶりに「マナ」という言葉にとても興味がありました。

古代日本(この国名のない時代)には文字がなかったと言われています。大阪の出会い

調査してみた 〜大阪で出会いたいなら試すべき23のこと

 

漢字が大陸からやってきたとき、そのまま受け入れるのではなく、当時の祖先が漢字を壊してかな文字(かなもじ)を作りました。

今日でも大陸優先の方もいらっしゃいますが、漢字は本名(本名)「まな」、変更されたかな(かり)「かな」と呼ばれるようになっているようです。

マナ、かなちゃんのルーツはこちら。

茉奈かなという関係もいいです。

WHO?あなたはここにいますか? 大阪の出会い

「イシダイを捕まえた…」\

 

先日、朝、目の下を狙っていた時、ぐず、ぐず、がつん、ぎゅ、。 (釣り)

大きなもの、イシダイがぶら下がっていると思います。 

私はイシダイを狙っていなかったので、メカニズムは少し信頼できませんでしたが、それは良い針を持っていて、とても幸運でした。

当然、味も素晴らしかったです。 (寿司)

姫春ゼミ」

大阪の出会い

風邪ウイルスの影響で今年前半があまり出てこなかったからでしょうか。私は自然にあまり敏感ではないと感じています。 

そんな中、今日は耳鳴りのようなきしむ音がかすかなと思ったら蝉の鳴き声でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です