大阪の出会いにはいくつかの不合理な点があるかもしれません

大阪の出会い、コールドプレイは「いじめられた中高生が耳を傾ける」または「40歳の処女が耳を傾ける」と語った。よく理解できる曲は大阪の出会いと思います。

私はとても女性的で後ろ向きなので、英語の能力が低いことさえ理解できます。

それ以上に、コールドプレイがデビューした大阪の出会い、海外ではダンスミュージックが主流になり、ギターロックやピアノポップは時代遅れのようで、そういう流れの中で言われています。したがって、いくつかの不合理な点があるかもしれません。

日本では、サマーソニックやフジロックのインマイプレイスを聴いてコールドプレイが好きな人もいます。

ただ、たまにKPOPを聴いてみると、海外のダンスミュージックの影響を受けていることがわかりますので、数年後には海外のようなダンスミュージックで日本がいっぱいになるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です