意味が平均となった大阪の出会い

枚数制限ないからそこが気楽かなと思ったんですが、大体は平均が100枚だそうです。

ちなみに、私の卒業論文は45枚でした。三日で書きました。

教授に言わせると、君の頭の中は魑魅魍魎だと。大阪の出会い

宗教観の違いを日本とアメリカの比較で書いた(つもり)だったんですが、

サッパリ意味が分からなかったそうです。

大阪の出会いそれはそうですとも、書いた本人が書いててサッパリ分かりませんでしたから。

卒業論文と官能小説では全く違いますが、まあ締め切りがすぐそこってとこだけは同じなんで、あのノリで行ってみましょう。

唯一違うのは、卒業論文は書いててちっとも楽しくないが、官能小説は書いてて非常に楽しいというところでしょうか。

妄想族の自分の頭の中にはネタがゴロゴロ(どんだけ変態なんだろう)

大阪の出会いしかしながら、

一説に、

人に読ませたいと思って書くものの中で、一番難しいのが官能小説だそうです。

それはそうですね。

時代劇とかだと、時代考証やらしっかり調べたりと、違う意味で難しいし、他のジャンルでも何かしら資料集めと勉強が必要で、

面倒臭くも難しいでしょうけれども

官能小説はズバリ本能に根差す一発勝負になるからです。

こんなに難しいものが他にあるでしょうか。大阪の出会い

一歩間違えれば、ただの陳腐ないやらしげな作文にしかなりません。

どんだけ読み手を官能の世界に引き込むか。

どんだけ日常から離れた倒錯の悦びに導くか。 大阪の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です