大阪の出会いを味わってしました

その後、ちゃんぽん汁の大きな鍋を味わって味を調整しました。

約15分後、スチームが鳴ってスタイコンが開いたので、スタイコンに麺をつけていない大阪の出会い100人分の麺を乗せて約15分蒸しました。

終わりました、
塩とコショウを入れたちゃんぽんを大阪の出会いに移し、スティコンに入れて保温しました。

次のタスクは、ボウルに100人分の麺を出すことです。
昨日の仕事で麺がカットされていたので、形、ざらざら、チョップ、ミキサーを用意しました。

途中で開発されたちゃんぽんの食材を上に載せました。

大阪の出会いを注ぐまでに、不要なものを洗い流し、片付けて待っていました。

その後、アシスタントが言ったように、麺のスープを注ぐ時が来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です