具体的に存在する大阪の出会い

哲学者のメルロー・ポンティも、「自分は時間だ」という面白いことを言っている。 “大阪の出会い未来は過去よりも遅くはなく、過去が未来ではない、未来がまだ来なかった、自分自身のために、それは時間内に存在しない、来るべき夜にも存在するあなたがそれを望むならば、この瞬間だと言うことができますが、それも今日です。今日は、今年は、私が思考し、 「今の私の経験で私の過去の経験を取り戻し、大阪の出会いその結束を形作ることができます」と同様に「私は自分の経験で他の人を体験しました」ということです。 。そして “遭遇”は真実の自己は「他者に開放され自己から離れる」ことによって、「自分の経験で他人の経験を再考する」ことによって、自分や他人の真の団結を形成するのは真の自己かつ具体的なことです。

 

2番目の文は、喜田の哲学者の原文です。私が食物繊維と水分を取り出さなくなるとすぐに便秘になるのは私だけですか?私は最近、悪い胃があります。大阪の出会い毎日、それは楽しい飛行でした! !私は今日はうまくいっています。それは土地だった!私は過去1年間に強く思考し始めました。大学の私の友達はどういうわけかこれのように思ったの大阪の出会いですか?物事は増して、大学の友達はそれをしませんでした。私は若い頃、平均以上の群衆よりも少し力を入れました。たとえば、これは試験の平均スコアよりも多くのポイントを目指すという通常の野心です。会社の試験は依然として良好で、日常生活、生活水準などを一般レベルを超えて目指していますが、これは予期しないことです。大阪の出会い日本人の平均人数は非常に多いからです。だから私は思う。私はそれが人気があるのだろうかと思います。いいえ、私は少なくともカジュアルな方法で生きたいです。週に2〜3回、安い赤いランタンで焼き鳥と一緒にホッピーを飲みましょう。世代は1000円弱です。これは人気のある生活ですか?まあ、他の人と比較することも考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です